男の人

不動産会社の選び方|コスト削減に役立つ情報

  1. ホーム
  2. 専門業者に任せよう

専門業者に任せよう

婦人

早めに相談をしよう

住宅ローンを支払うことが出来なくなったという場合には、競売にかけるという方法と任意売却を行うという方法の2つがあります。住宅ローンはその名の通り、住宅を購入する際の資金として使用することが出来るものであり、非常に高額になります。その為、状況によっては住宅ローンを支払うことが出来ないという場合もあります。そこで、融資を行う金融機関は貸し倒れを防ぐために、不動産を抵当権に設定し、融資を行うのが一般的です。住宅ローンを支払うことが出来なくなった場合、担保となっている不動産を強制的に回収する方法が競売という方法ですが、競売の場合は周囲の人に競売にかけられているということが知られてしまうとともに、相場よりも売却価格が大幅に低くなることが多いということもあり、競売に比べると任意売却を選択する人が多いようです。任意売却では、金融機関の承諾を得ることが出来れば、周囲の人に知られることなく、相場に近い金額で売却することが出来ます。買い手を上手く見付けることが出来れば、短期間で任意売却の手続きをすることが出来ます。また、任意売却で住宅などを売却した後には、手元に現金を残すことが出来る場合もあります。任意売却をすると、住宅を失うことになりますので、引っ越しが必要となります。その際の引越し費用を工面することが出来る場合もあります。金融機関との交渉が成功の鍵を握りますので、交渉は専門の業者に任せると良いでしょう。