男の人

不動産会社の選び方|コスト削減に役立つ情報

  1. ホーム
  2. 住宅の競売を避けるには

住宅の競売を避けるには

集合住宅

市場価格より低い競売

福岡で住宅を購入する場合、銀行などの金融機関のローンを借りることが一般的です。その際に金融機関は住宅に抵当権を設定してローンの返済が滞った時の担保とします。何十年というローンを組んでの生活は大変なものです。なかには様々な事情でローンの支払いが滞ってしまうケースもあります。滞納が3ヶ月から半年ほど続くと銀行などの債権者から残りのローンの一括払いを求める書面が届きます。これができないと債務者は福岡の裁判所に訴え、担保の不動産を競売にかける手続きを始めます。裁判所はこの申請を受理するとローンの借主の債務者に「競売開始決定通知」を送ります。この書類が届くと1ヶ月以内に裁判所の執行官と不動産鑑定士が自宅調査に訪れます。これにより売却価格や入札日程が決まり福岡の新聞やインターネットで公示されます。この競売を防ぐためには任意売却をする必要があります。任意売却は競売前に担保物権を債務者自身で売却するという方法です。競売なら市場価格よりかなり低い金額で落札されるおそれがあります。任意売却なら市場価格に近い金額で売ることができるのです。任意売却をするには債権者との交渉が必要です。これは煩雑な手続きになるので福岡の弁護士や司法書士、任意売却取扱主任者などに依頼して交渉してもらいます。任意売却では住宅の明け渡し時期なども交渉することができます。また売却金額で返せなかった残りのローンの支払いの交渉などもしてくれます。